大分の東大・東進セミナーグループ 会社案内 | 教室案内 | 講師のご紹介 | 採用情報 | お問い合わせ
本気の人生!今だけだから本気でぶつかります! ご相談・お問い合わせはお気軽に [TEL 097-556-7267] までお電話ください  
東大・東進セミナーグループ
 中学校
入試まであと
 高校
入試まであと
 大学センター
入試まであと
   
   
中学受験をお考えの方へ、受験は“勉強のやり方”で差がつきます! トップページに戻る
トップページ ≫ 中学受験をお考えの方へ
  中学受験を考え始めたご家庭へ  
四谷大塚net中学受験本科コース
小4からの中学受験
  『どこにも受かりません。』から、『第一志望校「豊府中学」合格。』大きく人生が変わった6か月。まだ諦めないでください。
  「以前通っていた塾で、受験は厳しいと言われたんです。」
毎年小6の夏前になると、そのような保護者様が東大セミナーにいらっしゃいます。


皆様は今の自分のお子様を客観的に見てどう思われますか?
中学受験をお考えの方で、学校の勉強で躓いていて…という方は少ないでしょう。学校の勉強ができるからこそ中学受験をお考えになったんだと思います。


小6生になってから中学受験を考える場合、「合格するかどうかわからない」 ということも塾側の本音としてはあります。そこでやはり面談時に 「厳しい」 ということをお伝えせざるを得ないことが現実です。

しかし、です。
毎年伝説をつくってくれる生徒がたくさんいるのも事実 なのです。
冒頭でお伝えしたお子様は、夏休み前から勉強をスタートし、みるみる力をつけ、なんと第一志望校である豊府中学に合格することができたのです。

まだ諦めないでください。
これが最初にお伝えする東セミからのメッセージです。
資料請求はこちら
お問い合わせ
ページの先頭へ戻る
  中学受験の勉強は中学3年分の勉強と同じ。それを小学生のうちに1年間で勉強しようということ。
  中学受験は本当に大変です。 当然塾に通えば、その大変さはさらに増します。授業の進度・難易度・ボリューム。
いずれにしても小学生一人でこなしきれるものではありません。


実際に保護者様 (特にお父様) がお子様の勉強を家で観るケースが多いのではないでしょうか。
これもまた大変です。わが子ゆえの難しさでしょうか、自分の子供の勉強を指導するのはとても根気が必要です。
時には、親子ゲンカになったりしていないでしょうか?
なぜこのようなことが起こるのか?
中学受験の本質を知っておかねばなりません。


初めての方にわかりやすくお伝えすると、次のようになります。
中学受験では、中学校3年間で学習する内容を勉強することになるのです。
中高一貫校の目的は 「大学合格」 です。従いまして、大学合格に向けて余裕をもったカリキュラムで学習するということが最大の特徴になります。そのためにも一定以上の学習をしてきた生徒が欲しい!というのは少し考えれば誰でも想像のつくことではないでしょうか。
資料請求はこちら
お問い合わせ
ページの先頭へ戻る
  入試一年前は小6生になった時ではない。この勘違いが多いのも事実。
  残念ながら、大分市内ではまだまだ中学受験をしよう!と
決める
時期が遅いことは否めません。
悲劇につながる多くの勘違いは、小6生になったから、受験を考える!
ということです。
およそ4月になったら、今までの習い事を整理して勉強に集中していこう!とお考えの方が多いのではないでしょうか。


しかし、良くお考えください。大分の中学入試は1月10日までにはたいてい終了します。4月からスタートすれば、9か月しかないのです。1年間しっかり勉強できるという時間は残っていないのです。
資料請求はこちら
お問い合わせ
ページの先頭へ戻る
  中学受験を「最初から本気で」考える。生徒は小学4年生から受験勉強をスタートします。
  東セミの状況を考えても、中学受験をしたいから、小4生から勉強を始めよう!もしくは小5生から始めよう!という方が急増しているのも事実です。中学3年分の勉強をしよう!と思えば、当然の動きなのです。


非常にきつい表現になっていますが、これが塾側の本心です。ただ、間違えないでほしいのは…。
すでに手遅れだ!とお伝えしたいのではありません「本気で」「覚悟を決めて」中学受験に挑戦してほしいのです
資料請求はこちら
お問い合わせ
ページの先頭へ戻る
  ギリギリでも合格さえすれば良いのか、上位合格していくことが第一の目的なのか
  ひとつ質問をさせていただきます。
ぎりぎりでもいいから、とにかく合格させてほしいとお考えですか?
それとも、合格を当たり前とし、上位合格をさせたい!とお考えですか?

大半の保護者の皆様が小さい声で、できたら上位の方がいいわよねぇ。とおっしゃいます。しかし、 「できたら」 という言葉が本心をすべて表わしているのです。

覚悟ができていない場合は、やはり肝心な時に踏ん張りがききません。 言葉を換えれば、伸び幅は少ないという結果になってしまうのです。
資料請求はこちら
お問い合わせ
ページの先頭へ戻る
  3つの条件をご承諾いただければ、90日でお子様の学力を変えられます。
  東セミは3つの条件の承諾さえいただければ、お子様の学力・成績を変えらます。嘘だと思われる方はここで読むのをおやめ下さい。どうぞページを閉じてください。
   3つの条件 その 3つの条件 その1
東セミ最優先 スポーツなどで悩むなら、受験はやめた方がいい
2兎追うものは1兎も得ず。
6年生になってから中学受験をお考えのお子様は、大半が他の習い事・おけいこごとをしてきたが故に6年生からとなっています。ただ、その場合にお願いしたいことは、何よりも受験勉強を優先する。東セミを優先するということです。


残り6か月〜9か月の中で上位合格していくことができるようにしていくためにも、私たち塾の先生としても大きな覚悟が必要なのです。


当然皆様の熱い気持ちにお応えするべく、です。
そのような環境で指導を行っていく上で、なかなか授業や補習に参加できなければ、本人、そしてその周りの生徒にいい影響は一切及ぼしません。
「できない」 という思い込みをするために塾に入っていただくわけではありませんので。
本心です。きつい表現になるかもしれませんが、ご了承くださいませ。
   3つの条件 その 3つの条件 その2
親子で乗り切る気持ち 塾に任せっきりではお互いに損するばかりです
小学4・5年生から塾に通っている生徒であればしっかり学習習慣が身につき、いつ何をすればよいのかが自分でわかります。どこが分からずに、いつ質問すればよいのかわからないということもありません。
しかし、今から受験をスタートする場合、時間がない上に、やらねばならない勉強がたくさんある…。という状況になります。


当然塾でしっかり指導していきますが、1週間の勉強の半分以上が家庭での学習になります。家に帰っても自主性に任せるということでは絶対に伸びません。

中学受験は親の受験とも言われています。
塾に任せっきりではなく、家庭でもできる限りのフォローをしていただくことがお子様の合格・幸せにつながります。塾も最大限の指導を行っていきます。
 
   3つの条件 その 3つの条件 その3
指導は本気で厳しく 宿題・ノートから本気で叱ります。変えてみせます
塾の授業を受ければそれだけで成績が上がると思われますか?
確かに、授業だけで成績を上げることは不可能とは言いません。


自転車を初めて運転した時、うまく乗る人を見るだけで乗れる人はどれだけいるでしょうか。言葉だけで簡単に乗れるようになる人はごくわずかです。

勉強も同じです。考え方・解き方を何となく理解し、その後何回も間違えることでようやく理解できるようになるのです。当たり前ですね。


大事なことは…
その生徒の間違える方法を見つけることができるかどうか?
東セミグループとしては、そこにこだわっています。
伸びるか伸びないかは宿題のやり方、ノートの取り方、やり直しの仕方の3大要素で決まってきます。
ここを適当にする場合は、極論すると授業を受けさせない!という決断を下すこともあります。
指導は本気で行います。本気で叱ります。
 
  以上の3つの条件を承諾いただければ、ただ単に「合格する」だけではなく、「上位で合格する」ために自信を持ってお任せくださいとお伝えすることができます。
資料請求はこちら
お問い合わせ
ページの先頭へ戻る
  ほとんどの生徒が正しい勉強方法を知らない 〜悲劇を生む勘違い〜
  中学受験の勉強は、勉強量・質ともにお母様の想像をはるかに超えることになります。小学5年生以降で中学受験を決意する場合は、最初の3か月を乗り越えられるかどうか?が意味のある受験勉強をしていくことができるかどうかの分岐点になります。


例えば小学6年生で中学受験を決意するとします。そこで、
まずどの勉強からスタートしていくのか?
この選択で間違えるケースが多いのです。
小学6年生だから、6年生のテキストを使って勉強をする…。
このような生徒は、ドツボにはまることになります。


特に大分市の中学受験で最も大切な学年は
小学校5年生の勉強です。
小学校5年生の勉強に抜けがあれば(必ずあります)、6年生の勉強はわかるはずがないのです。塾の授業で分かったと言っていても、「解き方」を教えていれば解けるのは当然です。残念ながら、「根本から理解する」までにはとてもなっていないのです。


解き方はわかっても、
別の問題になるとまったく手が出ない…



そんなことないですか?これは解き方だけわかった気になっていて、理解はできていないことの証拠なのです。別の言葉でいえば、
「わかった気になって時間ばかりが過ぎていく…」
という悲劇になるのです。



実は、昔の東セミがこれだったのです。昔これで思ったように成績を伸ばすことができなかったという経験があるからこそお伝えしていることなのです。


これはほんの一部の例ですが、勉強するテキスト、順番、ノートの取り方・使い方など、基礎基本から勉強方法を作り上げていくことが必要です。
資料請求はこちら
お問い合わせ
ページの先頭へ戻る
  大手進学塾を正しく理解する!進学塾の正しい使い方をお伝えします。〜競争意識は絶対に必要。今はそれ以上に個別メニューも必要。〜
  東セミの受験科として意識していることがあります。「チームワークづくり」と「競争意識を焚きつける」ということです。東セミの中で中3生と小6受験科の生徒をお持ちの方が複数いらっしゃいます。保護者の方にお話を伺うと、次のようなことをおっしゃることが多いのです。


中3のお姉ちゃんより、弟の6年生の方が勉強しているんです


と。これが中学受験科の姿です。どの学年よりも勉強しているのではないでしょうか?
ここで考えてみてください。なぜ中学生よりも小学生の方が勉強するのか?と。


    ・周りが一生懸命に勉強しているかどうか?
   ・互いに競争してもっと成績を伸ばそうと思っているかどうか?
   ・楽しく勉強しているかどうか?



です。中学受験科は、何よりもチームワークが大切です。そしてその中で繰り広げられる競争。 この2点があるからこそ、やわらかい頭でどんどん吸収していくのです。
資料請求はこちら
お問い合わせ
ページの先頭へ戻る
  成績を上げるために欠かせないもの授業だけでは成績は100%上がらない 〜個別〜
  東セミの授業は、6年生までの学習内容を6年生の7月にすべて終了するカリキュラムを組んでいます。およそ他の塾でも本気で中学受験に取り組んでいるところは同じように進めていっているでしょう。


当然ですが、カリキュラム通りに進めていく場合、理解できないまま残っていく単元が出てきます。
これは人により千差万別です。
もうお気づきの方もいらっしゃると思います。
「塾の授業を聞いているだけで成績は上がらない」
という事実です。



理解できないままの単元。これらを100%解消することが難しいことは事実です。


しかし、です。


だからと言ってほおっておくわけにもいきません。
また、その部分を無責任にお父様・お母様に任せるというのでは塾ではありません。
ではどうすればよいのでしょうか?
資料請求はこちら
お問い合わせ
ページの先頭へ戻る
  それぞれの苦手単元を放置しますか?わかったつもりが伸びない原因!
  さらに塾の先生として恐ろしいことがあります。
苦手だ!理解できていない!
とはっきり分かっている単元は、まだ「苦手とわかっている」だけに、手を打つことができるのです。



もうお分かりですね。


わかっているつもり・理解できているつもりという「つもり」が最も恐ろしいのです。

授業の中で聞いた問題はわかった。授業の中で解いた問題は理解できた。
これが正しい表現方法になるのでしょう。


当然 「わかっているつもり」 を発見する
ことが大切になるのです。

成績が伸びない、テストで結果が出ない!
とお悩みの方は、まずここに原因があると思ってください。
資料請求はこちら
お問い合わせ
ページの先頭へ戻る
  生徒ごとに苦手は違う。個人密着主義。毎月軌道修正することができていますか? 〜目標設定面談〜
  苦手な単元や理解できていない単元を1つ1つ克服していくためにどうするか?
「わかっているつもり」の単元をどうやって発見していくのか?


ここが塾として、東セミとして、最も大切な役割と考えています。
毎月生徒ごとに軌道修正をすること。軌道修正してもらうこと。
保護者の皆さまが最も気にしなければいけないところでしょう。


毎月面談をさせていただくことは、東セミとして譲ることのできないところです。
はっきり申し上げます。
 この面談は、生徒と先生の2者面談ではだめです。
保護者様も一緒に三者で面談することに意味があるのです。
資料請求はこちら
お問い合わせ
ページの先頭へ戻る
  中学受験は家庭学習を見直すことで激変する〜当たり前ですが、小5生の内容が合否を分ける!〜
  授業以外に塾で勉強する時間は、1週間で6時間です(東セミ生の平均です)。
当たり前ですが、家庭での学習時間が最も大きくなります。


塾がある日で最低2時間
塾がない日で最低4時間



これが東セミ生の平均学習時間です。
その際に自分の弱点の勉強ができるかどうか?が大切なのです。
弱点科目は自ら積極的にできるか?と聞かれれば、絶対に無理というのが答えでしょう。


理解できていない単元の勉強をガリガリやれた記憶は保護者様もないと思います。
同じことなのです。

だからこそ、その時間にしなくてはならないことを自分で決めさせるのではなく、
塾の先生が決めてあげること
が必要不可欠なのです。


そのためにも、月に1度の目標設定面談には積極的に参加していただきたい。これが東セミの先生としての本心です。
資料請求はこちら
お問い合わせ
ページの先頭へ戻る
  こっそり教えます。家で算数を教える悲劇!〜家庭と塾で勉強することを分けること〜
  保護者様の中で、次のようにおっしゃる方がいます。


主人が理系ですので、算数は家庭で教えることができます。


と。これは極めて危険だと知っておいてください。
先生でない限り、「解き方」を知っていても、「教え方」は知らないはずなのです。
算数の文章題を、文字を使って教えてしまう…。
よくあることです。この結果がどうなるかわかりますか?
塾の教え方とお父さんの教え方が違うと、お子様は100%混乱します。

テストで全く結果が出ないことになるのです。

お父様・お母様に勉強の協力をしていただくことは、本当にありがたいことです。
ただ、家庭では「理科の暗記単元」と「社会」についてのみご協力いただきたい、というのが本心です。


塾では質問がよく出る「算数」と「国語」を勉強し、家で「理科」「社会」を勉強する…。
これがうまくいく塾の使い方になります。
資料請求はこちら
お問い合わせ
ページの先頭へ戻る
  確実に補習をさせてほしい!塾を最大限使って下さい!
  自分の苦手な単元・できたつもりになっている単元を克服していくためにお勧めすることがあります。
東セミの「補習日」です。
東セミでは、明確な「補習日」というものはありません。
個別に補習に来る日を決めています。


6年生になれば週に2回程度授業日以外に来ていただくと、学習効果は最大に上がります。
間違いありません。


現に月曜日以外毎日来ている生徒もたくさんいます。
当然補習には費用は発生しません。
授業を理解していただくための、塾として当然のフォローです。


この補習を最大限使ってください。
理解できるようになったら、補習は必要ありません。
ただ、補習体制を活用している生徒は、そのまま学習習慣がついて、積極的に参加しているのも事実です。


補習なんてさせたくない!これ以上勉強させたくない!という方には向いていない塾なのでしょう。
これが私たち東セミの方針です。
この方針に賛同できない方は、結果も出るわけありません。
申し訳ありません。
資料請求はこちら
お問い合わせ
ページの先頭へ戻る
  最初は出来ないことが当たり前〜最初はどんな生徒も出来ない問題ばかり〜
  中学受験の勉強を始めて3カ月の間は初めて見る問題、わからない問題ばかりのはずです。
これはすべての生徒に当てはまることです。


あせらないで下さい。


目標設定面談と、授業以外の補習(質問対応)で、必ずできるようにして見せます。

もう一度言います。
あせらないでください。
しつこいでしょうか(笑)
資料請求はこちら
お問い合わせ
ページの先頭へ戻る
  勉強したい本人の気持ちと勉強させたい親の気持ち
  まだまだ勉強できるはず!もっと勉強させたい!という保護者の皆さまの気持ちも重々理解できます。 ただ、生徒を「上位合格」できるまで仕上げていくための作戦をたくさん準備していることも事実です。
一度にあれやこれやと取り組んでいい結果が出ることはありません。


もっと!もっと!と思ったときでも、いったんグッとこらえてください。


東セミとしても全力で応援してまいります。
資料請求はこちら
お問い合わせ
ページの先頭へ戻る
   〜知らないと損をする中学受験資料セット〜  
中学受験は、勉強のやり方で、その結果に大きな差がついてしまうことをご理解いただけたでしょうか?
ここまでお読みいただいたみなさんなら、お分かりいただけると思うのですが、中学受験は情報がとても大事です。情報がなければ正しい対策をすることができなくなります。

「そうだったの?それ初めて聞いたわ」 という状況だけは避けたいですよね。
もちろん、情報はただ集めればいいというわけではありません。世の中には役に立たない情報もたくさんあります。
中学受験の場合、いろんな情報を得てその中から、あなたのお子さんに必要な情報だけを選択することが必要です。そして、臨機応変に対応することが、保護者の方の重大な役割といえます。
現在お子さんの受験勉強の進み具合はどうでしょう?うまくいっていますでしょうか?

もし、うまく行っているのならこのままページをお閉じください。
逆に少しでもうまくいってない、不安材料があると言うことであれば、迷わず 「知らないと差がつく中学受験資料」 を一式まるごとご請求ください。

たとえ、家庭教師を依頼されることはなくても、お子さんが中学受験する上で必ず役に立つはずです。
 
まずは、資料請求から!
「知らないと損をする中学受験資料」 一式 ご請求ください。
資料セット   (1) 大分市内の中学入試分析集(3月新版発刊)
(2) 大分市内の社会はこれで決まる!合格小テスト集
(3) 豊府中対策問題集(在庫に限りあり)
(4) 豊府中合格に向けた黄金ルール
(5) 中学受験成功のための59(合格)黄金ルールbook
(6) 合格を勝ち取った生徒からの応援メッセージ集
(7) 上手な生作文事例集
(8) 豊府中対応作文課題集
資料請求はこちら
 
 
東セミのコース紹介
個別指導コース
年間スケジュール
東セミのサービス
親子勉強会
生徒の声
東セミのホームページを初めて見る方へ
塾長からのメッセージ
よくある質問
入会までの流れ
会社概要
炎のジュニアアタック講座
炎のジュニアサクセス講座
入会案内
東セミの無料ノウハウ冊子
※PDFファイルが開きます
ブログ
8間目のつぶやき
東セミ合格一丁目
東セミはいちゅう
ページの先頭へ戻る
東大東進セミナー 大分県大分市金池南1-1-5 フリーダイヤル 0120-496-459 E-mail:tosemi-center@tos.bbiq.jp
法人名:(株)熱き情熱コーポレーション
   
    Copyright(C) 2009 TOSEMI. All rights Reserved.