成績upびっくり事例の生徒インタビュー その4

2017-10-01 11:16

成績upびっくり事例の生徒インタビュー その4

大分の学習塾、東セミ森町教室の小野です。

夏期講習中、森町教室の生徒も非常によく頑張ってくれました。

その中から今回は、特にこの夏で受験生として一回り頼もしくなった

森町教室に通っている中学3年生のA君に

スポットを当て、インタビューしてみようと思います!

 

 

夏期講習1番力を入れて頑張ったことは?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

数学と英語です。

数学は、今まで1、2年のときに勉強をさぼっていたことがあり、

分からない単元はそのままにしてきました。

でも、夏期講習では気持ちを入れ替え、2年生までの復習をしっかり行い、

疑問に思った部分はすぐ先生に聞くようにしました。

すると、理解できる問題が増えていくうちに、数学をするのがすごく好きになりました。

英語では、夏期講習中に長文を解く機会があり、そのときにわからないことが多く、

今まで習ってきた文法の大切さが分かりました。

 

 

 

テスト前の勉強法は?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

東セミに入る前は、「問題を1度解いたら終わり」という考えがあり、

分かるまで理解しようとしてなかったことがありました。

数学も分からない問題はそのまま、出来る問題だけを解いていたり、

国語の文章は、「理解できない」と思った時点で問題を飛ばし、

学校の授業だけでまかなっていた部分もありました。

ですが東セミに入ってからは、自分は「覚えることが苦手」だったのが嘘のように、

テキストの問題では、教科書を追いながら問題を解き、暗記が嫌いではなくなりました。

何度も何度も繰り返し行うことで、テキストに切れ目が入るほど勉強できるようになりました。

 

 

 

東セミに入ってよかったことは?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

初めて森町教室に入ってきた時、他の塾と違い先生と話しやすく、

何でも相談できる環境にあり、教室内にも笑顔が溢れていました。

勉強面での質問だけでなく、人生相談・進路面でも親身に話を聞いてくれます。

今までぼんやりとしか見えてなかった将来が、はっきり見えてくるようにもなりました。

そんな先生たちのもとで授業を受けている生徒たちも笑顔で、話しやすく、友達もたくさんできました。

そして、部活でしか居なかったライバルが、勉強面でのライバルも出来、

成績を友達と争ったりと、勉強に対してすごくやりがいを感じるようになりました。

 

まとめ

A君は決して「勉強することが得意」な生徒ではありません。

けれど、そんな彼が東セミでの夏期講習に参加し、少しずつ結果が出てきました。

そして、その結果は彼の自信に繋がっています。自信になるので次のテストでも頑張れる。

そうやって良い循環が出来ています。

東セミでは、勉強を通して、思い出にも残る指導をしていきます。

ぜひ、一緒に合格を勝ち取りましょう!連絡をお待ちしております。

資料請求
お問い合わせ
facebook
Line
TOP