成績UPのびっくり事例の生徒インタビュー2

2017-08-12 9:09

成績UPのびっくり事例の生徒インタビュー2

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

大分の学習塾東セミ 判田教室の大川です。

1学期期末テストが終了。判田教室の生徒も非常に良くがんばってくれました。

判田教室として、90点以上の答案が99枚!!

また、判田中の上位を独占しました!!

 

各学年上位10名のうち。

中1は1名。中2は6名。中3は6名が東セミ判田生です。

本日は、中でも入塾時学年18位 ⇒ 1学期期末テスト 学年1位

判田中3年A君にインタビュ-をしてみたいと思います。

 

 

学年1位をとるために実際にどんな勉強をしましたか?(社会)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

期末テストでは、社会などの暗記科目は

自主学(副教材)を中心にひたすら繰り返しました。

このページの答えは上から順番にコレ、コレ、コレと言えるぐらいまで暗記しました。

実際、社会は限りなく100点に近い99点。

自主学は時系列になっているので、この答えは、あの答えよりも後の時代だ、とかなんとなくわかって、

比較的難易度の高い並び替え問題にも対応できました。

 

 

学年1位をとるために実際にどんな勉強をしましたか?(数学)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ひたすら問題を解く。中3の1学期期末テストの範囲は因数分解や展開がメインでした。

なので、教科書の問題は隅から隅まで解きました。

定期テストの予想問題なども他の学校も含め5校分を各3回ずつは解きました。

あわせたら、1000問くらいは余裕で解いていたと思います。

 

 

 

 

東セミにはいって一番良かったことは?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

成績が上がったこと。友達が増えたこと。

東セミに入ってから徐々に順位が上がってきて、周りの生徒から成績を聞かれるようになった。

テストのときに周りから意識されるようになってうれしかった。

 

ちなみにお勧めのテスト対策は大勉強会です。

家ではなかなか勉強しないけど、

朝9:00~夜9:00までたっぷりと勉強時間が取れるし、集中して勉強できて良かったです。

 

 

 

まとめ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

このAくんは個別指導で入塾し、昨年の3学期からクラス指導へと移行し、今回の結果につながりました。はじめのうちは個別で苦手単元の徹底復習。苦手単元を克服した後、クラス指導で5科目をしっかり勉強しました。

このインタビューを通して、私自身、生徒はお互いに意識していることを再認識しました。

お互いに高めあっていく、そういった教室にしていかなくてはと改めて感じました。

 

今回は学年1位のびっくり事例の生徒にインタビューをしました。

いままで何をしたら良いかわからなかったという生徒は、勉強に取り組む姿勢や、やり方など、次回のテストの際に参考にしてほしいと思います。

また、ここまでやっている人もいる!ということを少しでも感じていただけたら幸いです。

 

資料請求
お問い合わせ
facebook
Line
TOP