中3生に告ぐ!2学期はこう過ごせ!

2017-09-27 20:47

中3生の2学期は復習を計画的に!

Tosemiグループクラス部門Sprits明野本部中3担当の増田です。

今日は、入試で勝つために中3生が2学期にやるべきことを

皆さんにお伝えします。

今日お勧めするメッセージは

復習を計画的にしていこう!」ということです。

 

 

復習をしないと、受験もできない??

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

大分の中学校で高校の出願校を決めるのは12月の三者面談です。

学力診断テスト、実力テスト等、今までのテスト結果と内申点から

担任の先生が志望校についてアドバイス、指導をしてくれます。

 

つまり、ここまでのテストで結果を出していないと、大分では

自分が希望する高校に出願できないかもしれないということです。

 

そして、ここまでのテストの範囲は中1生~中3生一学期内容です。

だからこそ、学校の宿題以外にも塾を通して自ら復習をする時間を作る必要があります。

 

今日は中3生のために2学期の勉強を2つのレベルに分けて紹介します。

 

 

 

レベル1 まずはしっかりと暗記をしよう! 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

苦手な科目を勉強するのに大切なのは、用語の暗記と理解です。

今日は3つアドバイスを送ります。

 

①必ず、小テストを入れていこう!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

暗記で大切なのは、「覚えること」と「思い出すこと」この2つを繰り返すことです。

用語を覚えた後は簡単な自作でいいので、小テストをしてみましょう。

 

②書いた直後に教科書を読んでおこう!

特に社会や理科の用語を勉強した後は、すぐに教科書を読みましょう。

そうすることで、今、勉強していた用語の意味までしっかり覚えることが出来ます。

 

③1回で長時間厳禁!細かく、何回も見直そう!

暗記で大切なのは「細かく、何度も」繰り返すことです。

1回は15分程度でいいので、1日、1週間の間に何度も見直すようにしていきましょう。

大分県公立入試の6〜7割は基本問題です。

中3生の皆さん!しっかり暗記に取り組み、基本問題を勝ち取っていきましょう!

 

 

 

入試レベルの復習は テストの解き直しと過去問題演習

ある程度、基礎的な力がついている科目は、実践演習を繰り返しましょう。

その時に、役立つものは、今までテストの解き直しと全国の入試過去問です。

 

①テストの解き直しをしよう!

今までのTosemi(塾)での模試、学校の実力テストは最高の模擬試験です。

自分が間違えた問題が解けるようになるまで、再度解き直して、

自分のものにしていきましょう。

 

②全国制覇の旅に出よう!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

昨年度の全国の公立高校の過去問が書店で売り出されています。

勝負したい科目に絞って、ぜひ、全国制覇の旅に出てください!

おすすめは国語の説明文や社会の世界地理など

自分の鍛えたいテーマにしぼって、問題を解いていくとベストです。

その時に、このような白地図を用意して、

終わって都道府県にシールを貼っていくと、達成感があって楽しいですよ!

 

③ミスノートを作ってみよう!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

①②の問題演習の中で、自分の苦手な部分、単元も見えてくると思います。

是非、その単元を1冊のノートにまとめてみましょう!

そうすることで自分専用の参考書の完成です。

試験会場に持っていける最高の一冊となってくれます。

 

 

 

最後に 悩んだらすぐに相談を!

中3生のみんなは、どうしても、悩むことが多くなりがちです。

進路のことや勉強の優先順位など勉強をすればするほど悩むことが増えてきます。

そんなときは、悩んだらすぐにTosemiの先生に相談をしてください。

すぐにアドバイスをしていきます。これも大切な塾の役目です。

頑張れば頑張るほど、悩みも増えてますし、やるべきことが見えてきます。

これからの勉強で悩みや不安が見えてきたら、それは、頑張ってきた証拠だと

思って自信に変えてください。

大分県の公立入試まで約150日!

中3のみんなの頑張りを全力で応援します!

資料請求
お問い合わせ
facebook
Line
TOP